九左衛門(旧柏倉家住)宅は、山形盆地の西部、山形県東村山郡中山町岡地区に所在しています。

【九左衛門の歴史】
当主は代々「九左衛門」と名乗り、10家以上の分家を創設しました。村山地方を代表する農家・地主であり、同地方において最多級の紅花生産者でもありました。明治時代以降は銀行経営にも携わり、その後は地域の経済発展や社会貢献に尽力しました。

【建築の歴史】
本住宅は、その歴史の中で度々増改築がなされています。現在の主屋は、前身の建物が天明3年(1783)に建てられ、明治31年(1898)に大改修を経た姿です。
また、明和7年(1770)に建てられ、明治42年(1909)から2年間を費やして改修を行った仏間や、本山から招いた高僧などの来客用の蔵座敷として明治42年(1909)に建てられた前蔵は、高度な意匠や建築技術、ふんだんに用いられた漆・金箔・銘木が、信仰心の高さを物語っています。
この他にも、米蔵であった北蔵、大工小屋、長屋門、裏門などの建造物や、籾堂、下便所、堆肥小屋、内塀、石組の洗場や煉瓦積の穴蔵などが、良好に残っています。

【評価】
これらの価値が文化財として認められ、昭和55年に山形県指定有形文化財、令和元年には国指定重要文化財となりました。さらに、平成30年には日本遺産「山寺が支えた紅花文化」の構成文化財の一つとして、平成31年には日本農業遺産「歴史と伝統がつなぐ山形の最上紅花〜日本で唯一、世界でも稀有な紅花生産・染色用加工システム〜」の認定団体・認定地域の一つにもなりました。